和食にすと養成講座                         標準受講期間 2ヵ月






和食文化を守り、次世代に伝える
「和食にすと」が、いま求められています!


<世界が注目する日本の食文化>
2013年12月に、「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。今では日本の食は世界から人気を集めていて、海外を対象としたアンケート調査でも好きな海外料理の1位に日本料理が選ばれています。
   *ジェトロ(日本貿易振興機構)「日本食品に対する海外消費者調査」

<和食文化は危機的状況!?>
日本の食文化が世界に知られているのとは反対に、昨今の日本の食事情はどうでしょう。肉類や油脂の消費量が増加し、栄養バランスの崩れは生活習慣病の原因となっています。加えて、年中行事に合わせて家族や地域で食を共にする機会も減少するなど、肝心の日本国内では和食文化が危機的な状況を迎えています。実は、前述のユネスコ無形文化遺産についても文化的として日本人が誇れるものである一方で、申請そのものが日本国民に対して、もう一度日本食文化を考え直してほしいというメッセージだったという面もあるのです。

<日本人として知っておきたい和食のこと>
これまで、豊かな自然のもとで培われてきた伝統的な和食の知恵や工夫を、次の世代に伝えていくことは、私達の大きな役割だといえます。そこで、がくぶんでは日本人として知っておきたい和食の知識を学び、そして伝えていける「和食にすと」を育てる通信講座を開講しました。本講座で和食の魅力を再発見することで、あなたも和食文化を多くの人に伝えていける「和食にすと」として活躍できます。




この講座の目次

講座概要受講のポイント教材構成

講座概要

知っているようで知らなかった和食の深い知識が身につきます!
●和食の特徴・歴史
●和食のマナー
●郷土料理や行事食
●日本の暦
●和食の伝統食材

受講のポイント

広く奥深い和食の世界を体系的に知ることができます
和食を知ろうとすると、マナーや行事食、伝統や歴史などジャンルが分かれていることがほとんどで、どこから始めたらいいのかわからないまま何冊もの書籍を読まなくてはならなかったという事があるようです。そこで、本講座では「和食文化についての基礎知識」「郷土料理や行事食」「世界が注目する和食」「和食を支える伝統食材」など、和食にすととして持っておきたい知識が短期間で効率よく習得できるように致しました。



写真やイラストを使ったわかりやすいテキスト
「和食にすと検定公式テキスト」では和食の歴史から行事食、マナーや伝統食材にいたるまでを豊富な写真やイラスト、図表を用いてわかりやすく解説。豆知識を楽しく読める「和コラム」コーナーも。



一歩進んだ和食知識が満載のオリジナルDVD

2巻のDVDではタカコナカムラ先生と伊東香苗先生の講義が見られます。

「和食文化とマナー(作法)」では、単に和食のマナーを知るだけではなく、その背景にある歴史の流れや日本人の精神性にも触れることで、理解を一段と深めることができます。

「季節の行事食」では日本ならではの暦に着目した和食文化の魅力を発見できます。和食を学ぶ書籍や講座でも、暦にまで触れたものは少ないため貴重な講義になります。

【DVD1 和食文化とマナー(作法)】
伊東香苗先生
お懐紙コンシェルジュ協会代表理事。 テーブルマナー・プロトコル・チャイナペインティングを学び、ミラノでディプロマを取得。企業や学校にてマナー講師をつとめ、マナー教室も開催。

【DVD2 季節の行事食】
タカコナカムラ先生
料理家。アメリカ遊学中にホールフードに目覚める。発酵食や伝統食材を使用したオーガニックカフェなどのプロデュースを経て、現在、「タカコナカムラwashoku Foodスクール」を主宰。

PC・スマホでいつでも受講!
本講座はEラーニング「がくぶんeマナ」にも対応しています。DVDの動画をPCやスマホでいつでも見たり、知識の確認や試験対策もすることができます。


和食にすとの資格が取れる
講座修了後に認定試験に合格すると、「和食にすと」の資格を取ることができます。これは、和食の知識がきちんと身についていることを証明するもので、一般社団法人ホールフード協会が認定する資格です。和食を究めれば、地域での食育活動や料理教室、飲食店や医療関係等の食に関わる仕事、子どもの教育、外国人との文化交流・・・とあなたの食に関する活躍の場がさらに広がります!(資格認定料が別途必要になります)



TOPへもどる▲