HOME > 最新情報トップページ > 展覧会

最新情報

第81回全日本ペン書道展通信教育部のご案内

2018年03月22日

第81回全日本ペン書道展通信教育部のご案内を「ボールペン習字講座」受講生の皆様あてにお送り
いたしました!

今回展は、出品サイズがハガキ判となり、より取り組みやすいサイズとなりました。
受講生の皆様は、年に一度の展覧会に向けてぜひペン習字の練習に熱をいれていた
だけたらと思います。全国の出品者とペン習字の実力を競う展覧会に向けて練習することは、
上達への近道になります。

通信講座の課題とは違い、出品作品が審査され、上位の方は展覧会期中の表彰式で
表彰されます。また、入選作品は大田区産業プラザPio大展示ホールにて展示されます。
受講の記念に、実力アップを目指してぜひ展覧会に出品してみましょう!


▲第81回展のお手本
「○○かく」はお名前をお書きいただきます。例:里子かく
「□」は、雅印をおもちの方が押していただく位置の目安です。雅印をおされますと作品に朱色が
入り彩りが加えられます。(ない場合ももちろんご出品いただけます。審査には影響ございません)

今年のご案内は、実物大のお手本つきです!すぐに練習ができます。

お手本のとなりには清書用紙があり、手本をみながら作品を書くことができます。
そして、そのまま切り取って出品していただけます。(出品料は後日ご請求となります。出品料3,024円)

そのほか、通信教育部門のほか、規定部、漢字部、かな部、筆ペン部、手紙文部、筆外部具など、ご出品
いただける部門がたくさんございます。
清書用紙のご注文はメールにて承ります。⇒jimukyoku@gakubun.co.jp
展覧会の詳細はこちらをご覧ください。⇒募集要項、出品票

■第81回全日本ペン書道展
【作品応募期間】 2018年5月1日(火)~11日(金)必着
【会期】2018年8月4日(土)~6日(月)10:00~17:30
【会場】大田区産業プラザPio大展示ホール
(東京都大田区南蒲田1-20-20)

第10回記念葛飾現代書展開催中!

2017年11月22日

かつしかシンフォニーヒルズ本館2階ギャラリー1・2にて11月26日(日)まで開催
中です。来場者には、フルカラ―の図録をプレゼント!(先着順)
会期中はさまざまなイベントも実施されますので、ぜひご来場ください。

アクセスはこちら

第39回日本書道学院展が開催されました

2017年11月17日

11月10日(金)~16日(木)に、東京都美術館にて第39回日本書道学院展を開催し、無事終えることができました。
会期中、ご来場ご高覧いただいた皆様、授賞式・祝賀会にご参加の皆様、また本展開催に際しご協力いただきました先生方に、この場を借りてお礼申し上げます。




11月10日(金)作品解説
審査員の先生方による作品解説が行われました。
上位受賞作品と審査員の先生方のお作品について解説していただきました。



11月10日(金)授賞式・祝賀会
上野精養軒にて開催いたしました。全国各地から多くの方にご出席いただきました。
受賞されました皆様おめでとうございます。今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。


▲大賞受賞者の方々

▲神納耕石さんによる受賞者代表スピーチ 

▲中国大使館 賀怡蘭先生と石川芳雲学院長

11月11日(土)席上揮毫①、11月14日(火)席上揮毫②
審査員の先生方による席上揮毫が行われました。大勢の方に、間近で先生方の筆や墨の使い方をご覧いただきました。
今回展は2日間開催いたしました。








11月12日(日)三部(アンダー23)授賞式、スカラシップ認定式
第39回日本書道学院三部授賞式ならびに平成30年度スカラシップ認定式をを執り行いました。
先生方からの激励の言葉に、みなさん熱心に聞き入っておられました。これからますます書の道を極めていっていただきたいと思います。


11月12日(日)ワークショップ「戌年の年賀状を書く」
二宮奇龍副学院長をはじめ常任理事、理事の先生方に年賀状を書くポイントをレッスンしていただきました。
特別講師に露﨑玄峯先生をお迎えし、消しゴム印の実演をしていただきました。


審査員の先生方による席上揮毫が行われました。
今回の展覧会の上位受賞者の作品は、月刊誌「書の光」2月号に掲載されます。
見応えたっぷりの特集号です。ぜひご覧ください。

▼書の光について詳しく見る

石川芳雲米寿記念展が開催されました

2017年06月27日

6月20日(火)~25日(日)東京銀座画廊・美術館にてにて「米寿記念 石川芳雲詩書展」を
開催し、無事終えることができました。
会期中、ご来場ご高覧いただいた皆様、祝賀会にご参加の皆様、また本展開催に際しご協力い
ただきました先生方に、この場を借りてお礼申し上げます。


▲すべての作品が石川芳雲先生の自詠の詩によるもの


▲会場には多くの方々にお越しいただきました

6月24日(土)には東京プリンスホテルにて祝賀会を開催いたしました。
多くの日本書道学院、日本ペン習字研究会の会員をはじめ、
書道界を代表する先生方に大勢お越しいただき、御祝いのお言葉を頂戴いたしました。


▲最後は、ひ孫さんたちによる花束贈呈。

これからもますます元気に書の道をつき進んでいただきたいと思います。

第38回日本書道学院展を開催いたしました

2017年02月14日

2月2日(木)~7日(火)に、東京都美術館にて第38回日本書道学院展を開催し、無事終えることができました。
会期中、ご来場ご高覧いただいた皆様、授賞式・祝賀会にご参加の皆様、また本展開催に際しご協力いただきました先生方に、この場を借りてお礼申し上げます。

今回展は、特別展示「王偉平携百合堂展」も併催し、より多くの作品が展示されました。ご来場された方々にはじっくりとご鑑賞いただけました。

会場入口では、日本書道学院の歴史や過去の資料を展示しご覧いただきました。昭和前期の貴重なテキスト等を実際に手にとってみていただけ、たいへんご好評をいただきました。

2月4日(土)審査員の先生方による作品解説が行われました。
上位受賞作品と審査員の先生方のお作品について解説していただきました。

枦元華園 常任理事

加藤大翔 常任理事

二宮奇龍 副学院長

石川芳雲 学院長

2月4日(土)
授賞式、祝賀会を浅草ビューホテルにて開催いたしました。全国各地から多くの方にご出席いただきました。 また、王偉平先生、百合堂のみなさまにも多数ご出席いただき、盛会となりました。
受賞されました皆様おめでとうございます。今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

2月5日(日)三部(アンダー23)授賞式、スカラシップ認定式を執り行いました。
先生方からの激励の言葉に、みなさん熱心に聞き入っておられました。これからますます書の道を極めていっていただきたいと思います。

2月5日(日)審査員の先生方による席上揮毫が行われました。大勢の方に、間近で先生方の筆や墨の使い方をご覧いただきました。

加藤大翔 常任理事

二宮奇龍 副学院長

明石葉舟 常任理事

三谷九霞 常任理事

枦元華園 常任理事

守屋蒼有 常任理事

石川芳雲 学院長

今回の展覧会の上位受賞者の作品は、月刊誌「書の光」5月号に掲載されます。
見応えたっぷりの特集号です。ぜひご覧ください。

▼書の光について詳しく見る

1 / 712345...最後 »

教室検索

都道府県

キーワード(任意)

学習対象



教室検索

  • 早稲田教室
  • 用品・用具ネットショップ
  • 美文字クリニックのご案内
  • 指導者を目指す!教室を開く!
  • 講師派遣 講習会のご依頼
  • 日ペンの美子ちゃんア・ラ・カ・ル・ト
  • 各種書類ダウンロード
  • スカラーシップ制度
  • 会社紹介
  • がくぶんウェブサイトへ
  • がくぶん特選館ウェブサイトへ

mixiチェック